ISOへの取り組み

環境マネジメントシステム ISO14001:2015 取得

株式会社イーアンドエムは、地球環境保全が人類共通のテーマとの認識に立ち、経営理念である「社員一人一人の創造創生により社会に貢献できる資質を生み出し、すべてのものが幸を共有できる企業をめざす」に基づき、情報・通信技術を駆使した電機電子機器メーカーとしての事業活動を通して、地球環境及び地域社会との調和と共生を図ります。そのためには、環境マネジメントシステムを確立し、環境への調和と共生を目指した「やさしい製品の創生と提供」を通して、地球管理活動を積極的に推進します。

品質マネジメントシステム ISO9001:2015 取得

株式会社イーアンドエムは、経営理念である「社員一人一人の創造創生により社会に貢献できる資質を生み出し、すべてのものが幸を共有できる企業をめざす」に基づき、情報・通信技術を駆使した電機電子機器メーカーとしての事業活動を通して、お客様の信頼と満足を追求した品質マネジメントシステムを構築し、組織としての永久なる発展を目指していきます。

 

統合方針

1.高度に進化する技術を活かし、お客様等の要求を満たす提案活動を積極的に推進する。(主として営業部門を中心に)

2.地球環境の未来を継続性のあるものにするために、省エネルギー・省資源・環境汚染を最小限度に留める開発姿勢を貫きます。(主として開発部門を中心に)

3.あらゆる製品のクレーム等に対する姿勢として、真摯に真因を追求し、マネジメントサイクルを確実に廻すことにより、不良コストの撲滅とより良いものづくりに活かした取り組みを推進していきます。(主として品証、生産を中心に)

4.挑戦し革新的な研究開発を推進し、高付加価値な新製品を市場に投入する。そのことによって、利潤を享受し、ステークホルダーとの協業関係をより強固にすることを誓います。(主として経営層を中心に)

5.法令・規制・条例及び会社が同意したその他の要求事項を遵守します。(全社員が対象)

この統合方針は、要求事項への適合及び統合マネジメントシステムの有効性を追求し、継続的改善のため、具体的な行動・目標を定め維持し、定期的なレビューを行い、統合マネジメントシステムが経営に寄与するよう努めて参ります。
当社の環境問題への考察;
14001においては、とかく厳しく考えがちだが、当社のケースでは環境負荷が少ないODM事業形態を目指した小規模型ファブレス経営であり、環境影響側面に対する負荷も小さい企業形態である(人災がない、地域住民との物理的な距離も十分にあり、これまで10年来、住民クレームゼロの実績等の経営環境下にある)。
従って、一般的な商社等が環境面で配慮する特定の廃棄物の分離・分別と収集、省エネ・省資源化を日常活動とし、当面は、当社の使命である製品開発における省エネ・省資源を狙った目標の追求を第一義とする環境面での義務の範囲及び緊急対応策に計画実施を前提に対応するシステムとして再構築した。

2018年 1月 1日
株式会社 イーアンドエム
代表取締役 村田 栄司